スポンサーリンク

第1781回(13本目/16本録り)

【ラジオへの一言】

メッセージのギャップがエグ過ぎますね笑。
どちらも素晴らしかったです、ありがとうございます。

【お便り】

ラジオネーム:ごりみつ

【性別】男性
【年代】26~30歳
【お住まい】神奈川県
【コーナー】
【メッセージ本文】
こんにちは。ごりみつです。

リスナー語録ありがとうございます(笑)
現在、1通目でマスダさんの地雷を踏んでいないかと、心拍数を少し上げながらメッセージを書いています。
さて、2通目は最近経験した”死”についてのメッセージです。
テーマの”死”とは意図が異なりますが、今だからリアルに話せる内容ではないかと思い、メッセージを送らせていただきました。
重く、長い話で恐縮ですが、聞いてください。

先日、友人を亡くしました。
大学の部活の同期で、結婚式の余興をお願いしていた、大好きな友人です。

先月のある日、訃報を受けました。
週末にweb飲みをしようと言っていた数日後のことです。
突然の報せに同期全員が混乱し、その事実を全く信じられずにいました。

翌日、彼の故郷で葬儀が行われると再度連絡がありました。
コロナの影響を考慮し、家族葬にするとのことでしたが、
葬儀の時間以外にも、お参りできる時間を設けてくださるとのことでした。

「飛行機でしか行けない遠方に、コロナが流行している今向かうべきなのか。」
「コロナが落ち着いたらみんなで行けばいいのではないか。」
同期内で参列すべきか相談しましたが、最終的には個人の考えに任せることに。
僕は、「たとえコロナ収束後にお参りに行ったとしても、彼の最期の姿を見ないと何も理解できない。リスクがあることはわかるが、彼の死を現実に受け止めたい」と考え、参列することに決めました。
結局、同期数人で伺うことになりました。

翌日、羽田空港に集合。飛行機で彼の故郷に向かいました。
いつも混み合っている羽田空港は、フロアを見渡しても10人程度しか人がおらず、
また、200人程度乗れそうな飛行機に搭乗している人は10人以下でした。

葬儀場に到着するまでは、不謹慎ではありますが、不思議と楽しさを感じていました。
コロナでずっと在宅をし続けていた状況から急に飛行機に乗ったこと。
コロナの状況下で、友人と久しぶりに会ったこと。
全てが非現実的すぎて、彼の死というものが、なにも現実味を帯びていなかったのだと思います。

そんな楽しい気持ちは、葬儀場に近づくにつれて消えていきます。
葬儀場に到着し、彼の名前が書かれているのを見ると、全員言葉を失いました。
葬儀場には、小さい時から最近までの彼の写真が飾られており、
そこには、僕たちの引退試合で撮った集合写真も飾られていました。
そこで彼の死を初めて実感し、涙が止まらなくなりました。
祭壇・亡骸に手を合わせた後、ご遺族にお悔やみ申し上げて葬儀場を後にしました。

葬儀場を出る前、アラジンの”A whole new world”が流れていました。
彼が余興で使うと言っていた曲です。再び涙が止まらなくなりました。
入部したときは一番嫌いだった友人ですが、優勝という目標を目指して一緒に頑張る中で次第に仲良くなり、大学卒業後はことあるごとに飲みに行く仲でした。
これから一緒に歳をとっていくことが楽しみで、そんな彼に結婚式の余興を頼めること、また、そんな友人を持てたことをとても嬉しく思っていました。

死因は最後まで聞けず。
今でも彼と一緒にふざけあっていた動画を見ると、彼の死を実感できなくなります。
30手前でこんな経験をするとは思っていませんでした。
一刻も早く、同期全員でお参りをして、彼にお線香をあげたいと思います。

なお、彼は一人暮らしをしており、亡くなった時、周りに誰もいなかったようです。
誰かがいたら助かったのかもしれないなと思うと悔しくてたまりません。
タダシゲさん。お節介かと思いますが、まめに奥さんとご連絡をとってくださいね。
現在一人暮らしをされていると思いますので。
綺麗事にしか受け取れないと思いますが、僕はお二人に死んで欲しくないなと思っています。
これからもラジオ楽しみにしております。

てな、感じでキレイにまとまりましたね!
ではまた次回!

ラジオネーム:気の狂ったけもの

【性別】女性
【年代】21~25歳
【お住まい】愛媛県
【コーナー】面白くなってきやがった
【メッセージ本文】
タダシゲさんマスダさん
お久しぶりですどうも。

年齢詐称はご愛敬、
令和のクレイジービーストこと
気の狂ったけものです。

最近の私の趣味としては
相変わらずちくび開発に勤しんでおります。
コロナ自粛期間はこの開発作業にもってこいで、
「ちくび イキかた」
などを検索しては試したものです。しかし残念ながらまだいけていません。

お胸の豊満な人は自分で舐めたりなどもするようなのですが、
私の場合残念ながら崖にチョコボールが悲しげにぶら下がっているようなお乳なものですから、
乳首が口元に届きません。

乳をでかくするのは豊胸しかなさそうですが乳首を届かせるには...?
ということでロケット鉛筆型の商品はどうかな?と考えています。
ちくび型のロケットを自分の乳首に何重にもつみ重ねるとあら不思議口元に....届くけどイケルかぁクソが!

という訳で今日もいけずにどんマイケル??
タダシゲさんお父さん頑張ってくださいね、マスダさんも健康にお気をつけて...すみませんしょうもない内容で、、、ではまた。

2020年6月19日更新時のニュース

6/18、霜降り明星のせいやさんがzoom飲み会中に下降りしたことで文集オンラインに掲載されました。次回の霜降りANNが楽しみです。
さて、当番組「タダしいyouに見える」がスタートしてから11年経ちました。今後とも宜しくお願い致します。

スポンサーリンク