スポンサーリンク

第2009回(8本目/10本録り)

【ラジオへの一言】

セガワさん、メッセージいただきありがとうございました!
リスナーの皆さんもご参考にしていただければと思います!

【お便り】

ラジオネーム:セガワ

【性別】男性
【年代】41~45歳
【お住まい】兵庫県
【コーナー】選択しない
【メッセージ本文】
マスダさん、タダシゲくんこんにちは。
ご指名がありましたのでメッセージいたします。

人によって「快適」の基準がかわるので「この店が良い」とは言えませんが、
選ぶ基準としては後述をご参考いただければと思います。
少し長くなると思いますので、まずは結論を先にお伝えします。

金額よりも「面倒なことはしたくない」「至れり尽くせりが良い」方は、
ディーラーといわれるメーカー系販売店が良いと思います。
コストが高い分、お客さんがあれこれ考える必要がありません。

次に「安いほうが良いけど知らないところは不安」方は、
チェーン系の車検専門店が良いと思います。
付加サービスがない分コストが抑えられ、
料金やサービス内容がある程度統一されているので分かりやすく安心です。

最後にとにかく「コストだけ抑えられたら良い」という方は、
自分で車検を受けるか、ユーザー代行車検を利用するしかないかと思います。
このケースは基本的に自分自身でメンテナンスもできる様な方でないと、
故障などのリスクが非常に高いので、一般の方にはオススメできません。

やはりGoogleの口コミ等を見てもらうのも良いかと思います。
評価数が30件程度はあること、星評価よりもコメント内容を見てもらうのが
ある程度参考になると思います。

ここからは解説ですが、車検にかかる費用について簡単に説明できればと。

車検にかかる費用の内訳としては大きく3つあります。
「公的費用」と「車検料」、そして「一般整備」です。

まず「公的費用」ですが、これは税金関係なので、
どこで車検をしても必ずかかる費用です。
実は車検費用の主なところがこの「公的費用」です。

補足:厳密に言うと、工場の種別によって印紙代が数百円変わるケースがあります。

そして「車検料」と「一般整備」がお店ごとに変わります。
「車検料」が、車検をするための作業費用で、
「一般整備」は、点検結果によって、
交換等が必要な場合にかかる部品代と作業費用です。

一般論として、

ディーラーといわれるメーカー系販売店で車検をする場合は、
少しでも劣化箇所があれば基本的には全て交換しますし、
車の引き取りや納車、洗車・清掃のサービスが付いているので、
至れり尽くせりで、利用者があまりあれこれ考えなくて良い分割高です。
あとメーカー系のネームバリューもあり、一般の整備工場よりも作業工賃が
比較的高く設定されているのも高い要因です。

チェーン系はディーラーよりも作業工賃が比較的安く設定されており、
「一般整備」についても、基本的には必要最低限の内容で対応してもらえるので、
一回にかかる費用は比較的抑えられますが、定期的なメンテナンスが必要なので、
半年〜1年ごとくらいのペースでお店に行く必要はあります。

誤解を恐れず言えば、ディーラーは一括、チェーン系は分割というイメージです。
言葉足らずのところは多いのですが、今回は一旦これにて失礼します。
また何かご要望があればお声がけください。
お二人ともお体にお気をつけください、それでは。

スポンサーリンク