スポンサーリンク

 

桜坂洋氏が書いたライトノベル「オール・ユー・ニード・イズ・キル」を原作としたトム・クルーズ主演のハリウッド映画です。

原作を読んだことが無かったのですが、小畑健氏作画のマンガは読んだことがあります。マンガは非常に面白かったので、映画版も期待していたのですが、予告があまり面白そうじゃなかったので、今まで観ていませんでした。

今日、Amazonプライムビデオで観られるようになっていたのを発見したので、試しに観てみました。

 

 

【物語】ギタイと呼ばれる謎の宇宙生命体が地球を侵略しようとし、人類は強化スーツを着て抵抗します。戦闘経験が無い主人公ケイジは前線に送り込まれるが、、、

 

 

 

~ネタバレ~

 

 

 

 

マンガ版よりもギタイは強く、アクションシーンもクオリティが高く、映画館で観なかったことを後悔しました。主人公の優しさも良い感じでにじみ出ていましたし、ラストシーンもトム・クルーズ感満載の笑みで最高でした。

 

 

ラスボスの倒し方も中々スタイリッシュで見応えがあります。Amazonプライム会員は観るべきだと思います。

 

 

【 超愚見 】日本の作品を原作とするハリウッド映画に良い印象は無いのですが、これは大当たりだと思います。おそらく原作者もめっちゃ喜んだと思います。

 

おススメPOINT

①ありそうで中々無いループ映画の代表作。

②戦闘シーンのクオリティが素晴らしい。

③トム・クルーズ感が良い感じに出ている。

おススメ度:★★★★☆

監督:ダグ・リーマン
上映時間:113分
初公開:2014年7月4日

スポンサーリンク