スポンサーリンク

 

新井英樹氏のマンガ「せかい!!岡啓輔の200年」を読んでから気になっていた東京の三田にある「蟻鱒鳶ル(ありますとんびる)」へ行ってきました。

 

「蟻鱒鳶ル」とは、一級建築士の岡啓輔が2005年から現在進行形で建てている建物です。

計画的に建築するのではなく、舞踏のように即興で制作されている為、統一制の無い不可思議な形となっています。

また、最大の特徴が、このビルに使用されているコンクリートにあります。通常のコンクリートの寿命は30年~40年と言われていますが、上質の砂と砂利、水とセメントの比率は37パーセントで丁寧に養生したコンクリートを使用している為、200年以上保つそうです。

 

 

そんなビルをコツコツ作り続けている岡さんも魅力的だと思いますし、一目見たかったので行ってみました。

 

 

坂を登ったところにあるのですが、すぐにわかりますね、、

 

 

 

 

 

建物の前にある看板と見ていたら、中から人が出てきて、話しかけられました。岡さんでした、、、!

「良かったら中を見ていきますか?」と優しくお声掛けいただいたので、中も見学させていただきました。

 

 

まさか本人にお会いできると思わなかったので、質問など何も考えていなかったので、岡さんから「どんな仕事されてるんですか?」「何きっかけで来られたんですか?」などの世間話をいただきました、、、恐縮です、、

 

マンガで読んだ通り、優しく接しやすかったです。

 

 

 

蟻鱒鳶ルは、マンガで読むよりも荘厳で、同じ壁が無いので見ていて面白かったです。三田駅に訪れた際は是非行ってみてください。

 

【 超愚見 】なんでこんな建物を作ろうと思ったんだろう、というのが普通の感想だと思いますが、建物を見て思ったのは、どうなるかわからないけど「とにかく表現してみたい」という気持ちが止められなかったのだと思いました。計算で作っているのではなく、内なるモノで表現しているというのが一目でわかります。完成が楽しみです。

 

おススメPOINT

①肉眼で見る蟻鱒鳶ルは思った異常に迫力があります。

②200年保つコンクリートで作られています。

③タイミングが良ければ、岡啓輔さんに中に入れていただけるかもしれません。

 

おススメ度:★★★★★

 

蟻鱒鳶ル保存会公式HP→http://arimasutonbi.blogspot.jp/
岡啓輔twitter→@OkaDoken

場所:東京都港区三田4丁目15-35

スポンサーリンク