スポンサーリンク

 

新宿のルミネゼロで開催された「25th Anniversary マジック:ザ・ギャザリング展」に行ってきました。

 

マジック(マジック:ザ・ギャザリング)は、僕が小学校高学年~中学2年生頃までドはまりしていたカードゲームで、一時期狂ったように集めていました。

現在のように、スマホのアプリ・ゲームなどがなかったので、僕が幼少期の頃は、家で遊ぶならテレビゲームをするか、カードゲームするかのどちらかでした。結局どちらもやっていたのですが、特に楽しかったのはカードゲームで、僕の収集癖の根底はここにあるのだと思います。

 

ドラゴンボールカードに始まり、ポケモンカード、遊戯王カード、そしてマジックザギャザリングへ。。。

最後に辿り着いたカードゲームではありますが、歴史は最も長く、現在も進化し続けています。

 

そんなマジックの展覧会が25周年を記念して、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社より初めて開催されました。

展覧会が開かれるだけでもありがたいのに、入場者特典としてScott M. Fischerが描き下ろした「セラの天使」が、数量限定で配布されました(入場料500円という安さで限定カードまでくれるなんて太っ腹過ぎます)。

 

 

 

歴史が最も古いことから言わずもがなではあるのですが、プレイヤー数は世界最大級で最も人気があるカードゲームと言っても過言ではありません。

 

展覧会では、マジックの歴史から始まり、シリーズ別の代表カードの現物での紹介、世界選手権で使用されたデスク、不滅のデッキベスト5など、盛り沢山の内容で、何故入場料がこんなに安いのか全く理解できませんでした。

 

 

 

個人的に良かったのは、カードの原画が展示されていたスペースで、懐かしの「マスティコア」や「変異種」の原画が観られたのは大変良かったです。

その他、世界で最も希少なカードということで認定されている「七福神ドラゴン」の展示があったりと、会場を出る頃には中学二年生に戻っていました。

 

 

出口付近で有難く会場限定の「セラの天使」を頂戴し、帰宅したのですが、熱が冷めやらず、気付いたら中野にある遊Vic中野店に訪れていました。

 

 

とりあえずなんでも良いから欲しくなり、2パックだけ購入しました。子どもの頃、1パック買うのに死ぬ程頭を悩ませて買っていましたが、今となっては1パック300円は安く感じられます、、

 

 

せっかく買ったカードを粗末に扱うのも嫌なので、Amazonでウルトラプロのファイルを購入し、眺めています。
特に戦いたい欲求はないので眺めるだけで十分楽しいのです。

というわけで、1ヶ月に1シリーズ1パックずつ集めることを趣味にしようと思います笑。

 

 

ちなみにマジックザギャザリングのシリーズの歴史は下記の通りです。(2018年9月時点)

※超長いのでご注意ください。

 

■2018年
・統率者(2018年版)
・基本セット2019
・Global Series: Jiang Yanggu and Mu Yanling
・Signature Spellbook: Jace
・バトルボンド
・ドミナリア
・デュエルデッキ:エルフ vs 発明者
・マスターズ25th
・イクサランの相克

■2017年
・Unstable
・Explorers of Ixalan
・From the Vault: Transform
・アイコニックマスターズ
・デュエルデッキ:マーフォーク vs ゴブリン
・イクサラン
・ 統率者(2017年版)
・統率者(2017年版)
・破滅の刻
・Archenemy:Nicol Bolas
・Commander Anthology
・アモンケット
・デュエルデッキ:精神 vs 物理
・モダンマスターズ2017
・霊気紛争

■2016年
・ 統率者(2016年版)
・統率者(2016年版)
・カラデシュ
・デュエルデッキ:ニッサ vs オブ・ニクシリス
・コンスピラシー:王位争奪
・From the Vault: Lore
・異界月
・エターナルマスターズ
・イニストラードを覆う影
・デュエルデッキ:正しき者 vs 堕ちし者
・ゲートウォッチの誓い

■2015年
・ 統率者(2015年版)
・統率者(2015年版)
・戦乱のゼンディカー
・デュエルデッキ:ゼンディカー vs エルドラージ
・From the Vault: Angels
・マジック・オリジン
・モダンマスターズ2015
・タルキール龍紀伝
・デュエルデッキ:エルズペス vs キオーラ
・運命再編

■2014年
・ 統率者(2014年版)
・統率者(2014年版)
・タルキール覇王譚
・デュエルデッキ:迅速 vs 狡知
・From The Vault: Annihilation
・基本セット2015
・コンスピラシー
・Modern Event Deck
・デュエルデッキ:ジェイス vs ヴラスカ
・ニクスへの旅
・神々の軍勢

■2013年
・ 統率者(2013年版)
・統率者(2013年版)
・テーロス
・デュエルデッキ:英雄vs怪物
・From the Vault: Twenty
・基本セット2014
・Modern Masters
・ドラゴンの迷路
・デュエルデッキ:ソリンvsティボルト
・ギルド門侵犯

■2012年
・COMMANDER'S ARSENAL
・ラヴニカへの回帰
・デュエルデッキ:イゼット vs. ゴルガリ
・From the Vault: Realms
・基本セット2013
・プレインチェイス(2012年版)
・アヴァシンの帰還
・デュエルデッキ:ヴェンセール vs. コス
・闇の隆盛

■2011年
・Premium Deck Series: Graveborn
・イニストラード
・Duel Decks: Ajani vs. Nicol Bolas
・From the Vault: Legends
・基本セット2012
・ 統率者(2011年版)
・統率者(2011年版)
・新たなるファイレクシア
・Duel Decks: Knights vs. Dragons
・ミラディン包囲戦

■2010年
・Premium Deck Series: Fire & Lightning
・ミラディンの傷跡
・Duel Decks: Elspeth vs Tezzeret
・From the Vault: Relics
・基本セット2011
・Archenemy
・エルドラージ覚醒
・デュエルデッキ:ファイレクシアvsドミナリア連合
・ワールドウェイク

■2009年
・Premium Deck Series: SLIVERS
・DUEL DECKS: GARRUK VS. LILIANA
・ゼンディカー
・Planechase
・From the Vault: Exiled
・基本セット2010
・アラーラ再誕
・DUEL DECKS: DIVINE VS. DEMONIC
・コンフラックス

■2008年
・デュエルデッキ:ジェイス vs. チャンドラ
・アラーラの断片
・From the Vault:Dragons
・イーブンタイド
・シャドウムーア
・モーニングタイド

■2007年
・DUEL DECKS: Elves VS. Goblins
・ローウィン
・基本セット第10版
・未来予知
・次元の混乱

■2006年
・時のらせん
・コールドスナップ
・ディセンション
・ギルドパクト

■2005年
・ラヴニカ:ギルドの都
・基本セット第9版
・神河救済
・神河謀叛

■2004年
・Unhinged
・神河物語
・フィフス・ドーン
・ダークスティール

■2003年
・ミラディン
・ 第8版基本セット
・第8版基本セット
・スカージ
・レギオン

■2002年
・オンスロート
・ジャッジメント
・トーメント

■2001年
・オデッセイ
・アポカリプス
・基本セット第7版
・プレーンシフト

■2000年
・インベイジョン
・プロフェシー
・ネメシス

■1999年
・メルカディアン・マスクス
・基本セット第6版「クラシック」
・ウルザズ・デスティニー
・ポータル三国志
・ウルザズ・レガシー

■1998年
・ウルザズ・サーガ
・Unglued
・ポータル・セカンドエイジ
・エクソダス
・ストロングホールド

■1997年
・テンペスト
・ポータル
・ウェザーライト
・基本セット第5版
・ビジョンズ

■1996年
・ミラージュ
・アライアンス

■1995年
・ホームランド
・アイスエイジ
・クロニクル
・基本セット第4版

■1994年
・ フォールン・エンパイア
・フォールン・エンパイア
・ザ・ダーク
・レジェンド
・リバイズド
・アンティキティー

■1993年
・アラビアン・ナイト
・「アルファ版」「ベータ版」「アンリミテッド」

 

いやー、楽しいですね。個人的にはウルザズ・サーガ、・ウルザズ・レガシー、・ウルザズ・デスティニーあたりが好きです。カードゲームと関係の無いところはであるのですが、この頃の絵柄やキャラ、ネーミングが好きでした。

ちなみに僕が使っていたデッキは、「錯乱した隠遁者」と「対立」を組み合わせた対立デッキです。「錯乱した隠遁者」から出てくるリストークンをばら撒き、「対立」の効果でで動けなくしてから、全体の攻撃力を上げてからアタックするという意地の悪いデッキだったと思います。正確なルールも把握できていなかったので、本当に正しい戦い方が出来ていたのかも不明ですが笑。

 

やったことがある人にしかわからない世界なので、良い年したおっさんが何やってるんだって思われると思うのですが、サッカーやプロ野球、ジャニーズやAKBなどと大して変わらないと思います。

もし勉強やスポーツ、アニメ、アイドルなどにはまることが出来ず、孤独に暇を持て余している中学生、高校生は、一度はまってみると良いかもしれません。(いきなり完成されたデッキを購入してもルールが難しいのですぐに飽きると思います。まずはブースターパックを購入し、このカード格好良いなとか、どうやったら活きるだろうかとか色々妄想してからデッキを構成してみるとハマりやすいと思います。)

 

【 超愚見 】展覧会について、一つだけ提案がありまして、グッズ売り場に各シリーズのブースターバック、もしくはデッキの販売をして欲しかったです。おそらく出口に人が集中し過ぎるとか、色々な問題が考えられたんだとは思うのですが、売って欲しかったなあ、、

 

おススメPOINT

①マジックにはまっていた昔の自分に戻ることができます。

②気付いたらカードを買っています。

③収集癖も復活しています。

 

おススメ度:★★★★★

「25th Anniversary マジック:ザ・ギャザリング展」
場所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 NEWoManShinjuku5F
期間:2018年9月11日〜9月17日
入場料:500円
展覧会公式HP→https://www.mtg-ex.com/
MTG公式HP→https://mtg-jp.com/

スポンサーリンク