スポンサーリンク

 

2018年9月29日(土)に行われた「北区花火会2018」に行ってきました。

夏が終わった時期にやること自体も珍しいのですが、2018年の北区花火会では、エレファントカシマシの曲に合わせて打ち上げられるという音楽花火イベントが開催されました。

 

何故に北区で?という方もいらっしゃるかもしれませんが、北区赤羽はエレファントカシマシの聖地であり、宮本浩次さんの出身地だからです。
(赤羽に訪れた際は、宮本さんが生まれ育った団地や「純喫茶デア」などを観光すると一層楽しいかもしれません。)

 

花火は19時から打ちあがり、20分ほど打ちあがったところで、「桜の花、舞い上がる道を」が流れ出し、ピンク色の花火が打ちあがりました。

 

 

続いて「今宵の月のように」が流れ、最後に「俺たちの明日」でフィナーレを迎えました。曲に合わせて打ちあがる花火は、サビに大きな花火が打たれるので気持ちが乗せやすかったです。

花火自体、久し振りに観たということもあり、最後に打ちあがった花火には心打たれました。
エレカシの曲は、距離的な問題もあるとは思うのですが、正直なところ花火の爆発音であまり聴こえなかったです、、笑

 

【 超愚見 】花火大会をあまり知らないのですが、有料席があったことに少し驚きました。花火は非常に大きいので、どこからでも観られるんじゃないかと思っていたのですが、場所によって見え方が全然違うのでしょうね、、価格を調べてみるとピンキリで、3,000円~24,000円と高額な席もあるようです。富裕層は違うなあ、、、笑。

 

おススメPOINT

①エレファントカシマシの名曲に合わせた音楽花火。

②9月下旬なので涼しい。

③比較的人が少ないので見やすい。

 

おススメ度:★★★★★

 

公式HP→http://www.hanabi-kita.com/

「北区花火会2018」
場所:荒川河川敷・岩淵水門周辺(赤羽駅近く)
期間:2018年9月29日(土)19:00〜19:50
打ち上げ数:7,777発

スポンサーリンク