スポンサーリンク

 

「あれ、この曲、あの曲に似ている・・!」と思ったことはありませんでしょうか。

 

僕はたまに思うことがあるのですが、最近似ているなと思った三曲をご紹介します。

 

まず一曲目、E.S.T.の「Goldwrap」

スウェーデンのジャズトリオで、1993年に結成しました。この曲は、2006年9月22日にリリースされた「チューズデイ・ワンダーランド」というアルバムに収録されています。

 

 

ジャンルはジャズだそうですが、ポストロック好きもハマりそうですね。

 

 

では二曲目、Schroeder-Headzの「newdays

日本のインストバンドで、渡辺シュンスケ氏によるソロで構成されています。この曲は、2010年10月6日にリリースされた「NEWDAYS」というアルバムに収録されています。

 

 

素人からすると似ている気がしますが、こっちの方がピアノの旋律が際立っていて美しい気がします。

 

 

そして三曲目、同じくSchroeder-Headzの「Blue Bird」
この曲は、2014年2月19日にリリースされた「Synesthesia」というアルバムに収録されています。

 

 

「NEWDAYS」よりもリズムマシーン?の音が心地よくて僕は好きです。

 

ネット上では、「酷似している!」「この違いもわからんのか!これだから素人は、、」「どっちも好きだなあ」など、様々な声がありますが、あなたはどう思いましたか。

 

【 超愚見 】似ている似ていない論争って、「お前はパクリだ!」と言いたいわけではなくて、発見した喜びを誰かに伝えたい承認欲求の話なだけだと思います。だから「似ていない」と言われたら怒るし、争いが生まれるのだと思います。僕は、やはり似ていると思いますが、3曲とも良い音楽なのでE.S.T.さんが何も思ってないならどうでも良いと思います。そんなことより、上記3曲を超越しているのがクラムボンがカバーした『Goldwrap』だと思います。さすがmitoさんです。

 

おススメPOINT

①E.S.T.は「エスビョルン・スヴェンソン・トリオ」の略。

②Schroeder-Headzさんのエレクトロメインの『baby's star jam』も聴いてみてください。

③クラムボンの『LOVER ALBUM』(カバー企画)はめっちゃ良い。

 

おススメ度:★★★★☆

スポンサーリンク