スポンサーリンク

 

読書を再開するにあたって、まずは本を読む習慣をつけるべく読みやすい本を選んでみました。

2ちゃんねるを開設したひろゆきさんの「論破力」です。語りかけるように書かれているので読みやすかったです。

 

本のタイトルの通り、論破王が教える論破のノウハウが書かれています。論破できるようになる為に読んだわけではなく、ひろゆきさんが、どういう思考回路で議論に打ち勝っているのかが気になっていたので読んでみました。

個人的に良かった点は下記です。
・議論に感情を持ち込まない
・ファクト(数字)が無い議論は意味なし
・議論でいちいち傷つかない

 

ロジカルに説明してくれるので、わかりやすいですしスッキリもするのですが、ノウハウのほとんどが会話が成立する人に対して有効なので、個人的な経験上、頭が良くない人には通用しないと思いました。ひろゆきさんの周りには言葉が通じない馬鹿がいないのだと思います。

また、論破した後も需要がある人間でなければ、その場では気持ちよく論破ができたとしても凡人には厳しい人生が待っていると思います。

 

とはいえ、ドライ且つ厳しい表現がありつつも質問を投げかけ続けるところは、議論の勝利を目的としていたとしても、人やその人の持つ情報に興味を持った行動だと思うので、自分よりは人に対して愛をもって接していると思いました。

ここは、自分の反省すべき点でした。

スポンサーリンク