スポンサーリンク

 

且つて、「St Germain XXI」というサイトを運営していました。
大学に入学してから美術館に通うようになり、様々な美術館、展覧会に足を運びました。
作品も買うようになり、段々と自分でも何かできないかと模索し始め、辿り着いたのが「St Germain XXI」でした。

バンクシーのような覆面性に憧れ、「St Germain XXI」という架空の人物を作成し、芸術を始めてみました。
「St Germain XXI」のコンセプトは下記です。

===

・魂の重さを21gとする
・21度目の彼が伝えたいことを具現化

※ Saint-Germainは実態の無い集合体である。この集合体に可視性は無い。
※言葉を発することはない。

『“自殺者を0人にすること”これが我々の目的である。偏った生を下記の3つの方法で提示し、生欲を高める。』

・アートで表現する → 作品を展示・販売
・生きる術を知ってもらう → 情報交換の場を設立
・生を残す場を設立する → 生を表現する場の提供

死を表現することで生の喜びを表現す、生の喜びを表現することで死を表現する。
死と生は表裏一体である。この万物に平等なルールを利用し、不幸や絶望の中から生を見出す方法を提示する。
各々のパーソナリティを肯定し、もっと~したい、へ。

===

 

下記は作ろうとしていた作品案です。

 

①【絵画】コーヒーバッグを仕入れて文言をドローウィング

夜明け前のコーヒーには男女が一夜を過ごした証(metaphor)という暗喩がある。一見わからないテキストに生を込めて、生きる喜びを表現する。【作成方法】コーヒーバッグをキャンバスとし、青文字で暗喩されたテキストをドローウィング。

 

②【オブジェ】フィギュアの塩漬け

不老不死を表現する。【作成方法】透明のアクリルケースの中にフィギュアと塩を入れて密封する。

 

③【インスタレーション】ミニ美術館

【作成方法】50センチ四方のBOXの中に池と庭園を造る。その奥に絵画を設置。

 

④【web】ポスト

苦しい想いをサイト内に投稿。投稿されたものは24時間以内に自動的に削除される。永遠に残るわけではないので遺書にはならない。

 

 

結果的に②と④のみ作成することができたのですが、頓挫してしまいました。自分が好きだと信じてやってみたものの、いつかやろうと後回しにしてしまい、結果的に何もしなくなってしまいました。なにがなんでもやるんだという意思を貫くのは中々難しく、普段の生活に揉まれながら時間と共に精査されていき、最終的に残ったのは「タダしいyouに見える」だけでした。

 

 

②の写真が残っているので掲載します。タイトルは『Cloned eggs』です。

 

 

また、「St Germain XXI」のイメージをイラストレーターのほしさんに依頼して、3枚描いていただけました。

 

スポンサーリンク