スポンサーリンク

けんすうさんのtwitter(@kensuu)をフォローしているのですが、下記の情報が流れてきました。

https://twitter.com/kensuu/status/1075151127727886336

新R25という20代ビジネスマン向けのハウトゥーサイトがあるのですが、そこでキングコング西野亮廣氏の 最新作「新世界」の全ページが無料公開されているとのこと。

最近は芸人さんというよりも実業家のイメージが強く、前々から気にはなっていたものの、本にお金を出せるほど興味はなかったのでスルーしていたのですが、全ページ無料公開だったのですぐに読んでみました。


「新世界」無料公開ページ→https://r25.jp/article/621586962847256237

「新世界」内容

下記の4章で構成されており、読者に話しかけるように書かれています。難しい言葉を使っていない為、言葉が頭にスルスル入ってきます。最近のビジネス書ならではというべきか、できるだけ空白多めに端的に述べる仕様になっています。


・はじめに
・貯信時代
・オンラインサロン
・新世界


冒頭の「はじめに」の部分でお笑い芸人ならではの苦悩で心を揺さぶられ、金ではなく、人と人との「信用」が重要であるという話につながっていきます。

オンラインサロンでメンバーから意見を募り、新しいサービスを作っていく。この内容を自身の事例を元にわかりやすく解説してくれています。

クラウドファウンディング

今はネットがあるおかげで、クラウドファウンディングを使ってやりたいことができるようになったという話も出てくるのですが、僕も「CAMPFIRE」を使って、このサイトを作成させていただいたので、西野さんが言いたいことはよく理解できます。

まずは小規模で募集させていただきましたが、次はもう少し大きな企画で利用したいと考えています。

スポンサーリンク

さいごに

西野さんの活動はtwitterを眺めていると流れてくるのでなんとなくは知っていましたが、「レターポット」、「シルクハット」、「しるし書店」は知らなかったので、読んでいて面白かったです。


・レターポット→https://letterpot.otogimachi.jp/
→文字を通過としたサイト

・シルクハット→https://silkhat.yoshimoto.co.jp/
→よしもとのクラウドファウンディングサイト

・しるし書店→https://markingbooks.otogimachi.jp/guidelines/about
→著名人が感銘を受けた箇所にしるしをつけた本を販売


サービス自体も面白いなと思うのですが、何が凄いってスピード感だと思います。これを企業がやろうと思っても半年ぐらいかかったりすると思うのですが、オンラインサロンを使って進める彼のスピードは凄まじいです。


【 超愚見 】先日、浅草を散歩していると見覚えのある男性をお見掛けしました。彼は小さなメロンパン屋で客引きをしていました。元りあるキッズ安田さんでした。どういう経緯で彼がそこで働いてらっしゃるのかは知りませんが、小さい頃から芸人さんとして活躍している彼を知っていたので、少し衝撃的でした。彼が望んでメロンパン屋で働いているのであれば、幸せなことだとは思うのですが、断片的にしか見ていない僕としては「売れる」ということ「売れ続ける」ということがいかに難しいのかを目の当たりにした瞬間でした。お笑いを継続していれば売れるチャンスはあるのだと思いますし、西野さんが作った「シルクハット」を利用すれば更にチャンスが広がるのかもしれません。でも、その「かもしれない」が本当にわずかで、多くの人間は何も成し遂げられずにくたばっていくのだと思います。僕は渋谷で働くただのサラリーマンで、売れていない芸人さんよりも低いところでなんとか生きていますが、自分の中でこれは面白いかもしれないとわずかな光に奮起するも、「それ面白そうじゃん、やってみようよ」「検討していきましょう」「是非是非!」こんな言葉が死ぬほど飛び交って頓挫する確率の方が圧倒的に高いです。誰とは言いませんが著名な方が、サロンを開いて人を募集し、大勢の方が参加し、自己紹介もしていきますが、結局何も話が進まず「面白いことやっていきましょうよ!」で終わっていくことの方が多いのです。それを防ぐ為に有料会員制度を設けたりもするのだと思うのですが、今のところこのスパイラルに終止符を打つ方法はなく本当に振り切った人間だけが成し遂げられるようです。そもそも「弱肉強食なんだから当たり前でしょ」で一蹴されてしまいそうな話でもあります。なので、最近は「身の程を知る」「自分の幸せとは何か」を突き詰める努力が重要なのではと考えています。そんなことを考える奴が増えると国が持たないとは思いますが。。。

おススメPOINT

①何かとバッシングされている西野亮廣氏の考えていることを覗けます。

②金に対する考え方を増やすことができます。

③この無料企画自体も実験であること。

おススメ度:★★★★☆

「新世界」
著者:西野亮廣
出版社:KADOKAWA
発売日: 2018年11月16日

西野亮廣公式ブログ→https://ameblo.jp/nishino-akihiro/
西野亮廣twitter→https://twitter.com/nishinoakihiro

スポンサーリンク