スポンサーリンク

2002年から続く、西荻窪で毎年開催されている野外アートイベント「トロールの森」へ行ってきました。



【コンセプト】現代社会はともすれば、そこに在るものや声の大きいものばかりに目が向かいがちです。しかし、そこにはないものや、今まで在ったけれど失われたもの、ないことで生まれる余白や余韻、などへの想像力こそが、アートの力ではないでしょうか?「不在」であるがゆえに生じるさまざまな感情や豊かさを問い直します。

「トロールの森」HPより

難しいコンセプトなので、僕にはよく理解できませんでしたが、舞台となる「善福寺公園」で色々なオブジェを見ることができました。

「善福寺公園」は、大きな池の周りに遊歩道が整備された公園で、散歩するには中々良い場所でした。「井之頭公園」のように混んでいないので、ゆったり散歩したい人にはおススメです。

池の周りに作品が展示されており、1周しながら作品を見ることができます。


備忘録的且つ、GRで撮影した写真を掲載します。
(しばらくGR使っていなかったので、練習がてら色々撮ってみました!)

やっぱりハイコントラストは良い感じに撮れてる気がします。

【 超愚見 】最近、節約生活を重んじるばかりに美術館へ足を運ぶことが無くなってきました。高いお金を取る「アート作品」に対して元を取らねばという意識や懐疑的な思いで心が満たされてしまい、うまく見ることができません。芸術は心と金の余裕がなければ、響かないと思います。そんな中、公園の中で「散歩×アート」という今回の企画は、無料ですし、安心して楽しむことができました。毎年やっているとのことなので次回も楽しみにしています。

おススメPOINT

①公園の中で池の周りを散歩しながらアート鑑賞。

②無料!

③毎年開催!

おススメ度:★★★☆☆

「トロールの森2018」
場所:都立善福寺公園など
期間:2018.11.03~11.23
料金:無料
営業時間:公園での展示なので無し
定休日:-

公式HP→http://www.trollsinthepark.com/

スポンサーリンク